これまでの進行状況について2

デジタル絵本は基本的には、タッチすれば絵が動くということができれば、後はそれをどのように動かしていくかというだけなので、プログラミングは行けそうだ!という手応えを感じることができました。


なので早速実制作に入ることにします。
文章で書いたストーリーをラフコンテに起こしつつ、キャラクターのデザインを作成。
メインのキャラクターのデザインは初回にアップした通りです。
ラフコンテは今のところ全部で16ページとなりました。


そして1ページ作ってみようと思って、背景のレイアウトをとって、着色。
タンポポの蜜をなめるシーンです。

僕は3DCGの仕事をしているので、本編のアニメーションは3DCGで行います。
そのためにますはキャラクターのモデルを作成して、動かせるようにセットアップしなければなりません。
そしてできたのがこちらです。
d0308083_1655447.jpg

キャラクターのデザインは、モデルを作成しつつ、ブラッシュアップさせています。

気になるこの子の名前は「ヘポ」です。
現在4ヶ月の息子がしゃっくりする時に、「へポッ」っていうのでそこから付けました。
あれですね、親バカっていうやつですね(笑)

このページのヘポのアニメーションは完成して、あとキャラクターが4匹必要なので、現在それらを作成中といったところです。


プログラミングにはcocos2dを使ってみようかと、検討している最中です。


いろいろと詳しい説明は省いてしまいましたが、そちらはまたおいおいしていこうかと思っております。
[PR]

by koudai_nanahoshi | 2013-03-24 17:14 | デジタル絵本制作

<< ナレーションとセリフ これまでの進行状況について >>